Home > 介護保険 > 介護保険課からのお知らせ > 介護保険事業計画について

介護保険事業計画について

介護保険事業計画とは

介護保険事業計画は、介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を確保するため、介護保険法及び厚生労働大臣が定める基本的指針に即して、3年を一期として定めるものです。本計画は3年に1度見直しを行うこととなっており、現在は令和3年度から令和5年度までの第8期事業計画に基づき運営しています。
本計画は、これまでの計画で構築してきた地域包括ケアシステムを、さらに深化・推進するものとして、島根県が策定する「島根県老人福祉計画・島根県介護保険事業支援計画」、「島根県保健医療計画」との整合性を確保しながら、中長期的な視野を持って施策の展開を図るものです。また、本計画は、川本町、美郷町及び邑南町が定める老人福祉計画と一体的な邑智郡における介護保険事業運営の基礎となるものです。

邑智郡介護保険運営協議会

介護保険事業計画は、川本町、美郷町及び邑南町、島根県県央保健所、邑智郡総合事務組合の職員により計画(案)の策定を行い、邑智郡介護保険運営協議会で審議します。
邑智郡介護保険運営協議会は、邑智郡町村議会議長会、保健医療福祉関係者、邑智郡内介護サービス事業者、住民の意見を反映させるため各種団体の代表者及びサービス利用者の代表者等を構成者として、計画の審議をしています。

第9期(令和6年度から令和8年度)策定に向けて

  • 介護予防・日常生活圏域ニーズ調査を実施しました。
    要介護状態になる前の高齢者のリスクや社会参加状況を把握し、地域診断に活用するため、要介護1~5の認定を受けていない65歳以上の方を対象として調査を行いました。調査へのご協力ありがとうございました。
  • 在宅介護実態調査を実施しました。
    介護者の就労継続や高齢者の在宅生活の継続に効果的なサービス利用等を把握するため、在宅で生活する要支援・要介護認定を受けた65歳以上の方を対象に調査を行いました。調査へのご協力ありがとうございました。